ダークヒーローを葬り去れ – 書評「レッドビーシュリンプの憂鬱」

アイティメディアの名物コラム「Press Enter■」から、その中でも特に(読んでる方の心が)つらいと評判の名作「罪と罰」が、「レッドビーシュリンプの憂鬱」とタイトルを改め単行本として出版されることになりました。


編集さんからご依頼いただき、書評のために発売前のデータを読ませていただきました。正月休みがとても有意義に過ごせたのですが…やっぱりつらいなあ。フィクションとしてとてもおもしろいのに、とてもつらい。このつらさはなんなのかというと、あまりにもリアリティのある「現実のつらさ」なのだな、と思い当たりました。

会社にとっても、組織にとっても、エンジニア個人にとっても、理想と乖離した現実はとてもつらいものです。その中で、ベクトルはまったく違ったとしても、登場人物それぞれが生きのこるために現実と戦い理想を追い求める姿は、現実世界に生きるわれわれエンジニアにとって、「つらい現実と戦っているのは自分だけじゃないんだ」という勇気を与えてくれます。

「レッドビーシュリンプの憂鬱」

本書を支えるのは、ソフトウェア開発における圧倒的なリアリティです。「Press Enter■」の一連の作品は登場する会社や人物がひとつのしっかりした世界観を共有していますが、それぞれのディティールがソフトウェア開発の現場としてあまりにもリアルに描かれており、思わず心配になるほどです(機密保持契約的な意味で)。

会社のかたち 人のかたち

ソフトウェア開発の会社は、事業の柱がどこにあるかでざっくり3つに分類できます。

  • SES
    • エンジニアを現場に派遣し、人月単価で売上を立てる
  • 受託開発
    • ソフトウェアの開発・運用を受託し、プロジェクト単位で売上を立てる
  • 自社サービス・プロダクト
    • 自社で企画・開発した製品やサービスを提供し、ユーザーから支払われる利用料で売上を立てる

個人的に見聞きした事例から判断すると、SESの会社は受託開発を目指し、受託開発の会社は自社サービス・プロダクトを目指す、といった傾向があるようです。

そしてエンジニアには、どのような技術を持ち、どのような仕事を好み、どのようなライフステージにいるか、という複数のパラメーターが組み合わさったマトリックスが存在します。

本書の見どころのひとつは、五十嵐さんによって半ば強制的にもたらされた会社としてのフェーズの変化と、それに適応して生きのころうとするエンジニアたちの葛藤にあります。フェーズの変化は、エンジニアたちに(比較的)新しい技術の習得を迫ります。それを喜ぶもの、適応を諦めるもの、会社を去るもの。それぞれにライフステージというバックボーンがあるので、その選択にはリアリティがあり、現実世界の読者に現実と同じようなつらさを感じさせてくれるのです。

エンジニアとしての自分がどのフェーズの会社で働いているのか、どんな変化が予想されるか、そしてそれに適応できるかどうか。そんなことを考えながら読むことをおすすめします。

あなたの職業人生の物語

エンジニア界隈で定期的に話題に上るテーマとして、「業務外の時間で勉強することの是非」があります。

エンジニアを職業として生きていくなら腕を磨くのは当然だし、そのための投資は自分の責任でするものだ。だから業務外で勉強するのは当然だろう?とする一派。

仕事のために必要な技能の習得も仕事であるならそれは業務時間内になされるべきだし、プライベートまで仕事のために差し出すのは間違っていないか?とする一派。

どちらの言い分にも一理あり、どちらかが正しいと断言することもできません。この問題を象徴するのがカスミさんです。彼女は新しい技術に適応しようとはしなかった。でも、彼女がエンジニアとして生きのこれない業界は、あまりにも厳しすぎはしないでしょうか。

私はずっと「エンジニアなら腕を磨け、自分に投資しろ」と言い続けてきました。でも、すべてのエンジニアにそれを要求するのは酷すぎるのかもしれません。マッチョ論に偏らないように気をつけなければ、と改めて自戒しました。

我々の職業人生にはどんな物語があるのでしょうか。そして、その物語をハッピーなものにするために、どんな選択をすればよいのでしょうか。そんなことを考えずにはいられませんでした。

五十嵐さんライジング

採用担当をしていると、転職理由として「環境を変えられなかった」というエピソードを聞くことがあります。

若いエンジニアたちはあるとき、優秀なエンジニアや技術顧問が来たり、勉強会やカンファレンスで他社事例を聞いたりして、世の中にはモダンな技術や開発手法があることを知ります。バージョン管理(いまごろ?と思うかもしれませんが導入されていない現場は結構多いのです)、自動テスト、継続的インテグレーション、インフラのコード化、アジャイル開発。すっかり感銘を受けて自分のチームに導入しようとするのですが、意外なほどの抵抗に遭い、やがて力尽き心折れ、転職エージェントの門を叩く。そんな話を何度聞いたことでしょう。

そういった経験があると、五十嵐さんはダークヒーローそのものです。強い意志と権力を持ち、抵抗勢力をねじ伏せ、多少の犠牲はものともせず、グイグイと改革を進めていく。「多少の犠牲」に含まれるひとたちにとってはたまったものじゃありませんが、現場の改革に挑み破れていった(私を含む)エンジニアにとって、抗いがたい魅力を感じる一面があります。

書籍版書き下ろしの「特別編」では、本編の前日譚として五十嵐さんのエピソードが描かれています。五十嵐さんの存在自体は小説ならではの荒唐無稽なものですが、この「五十嵐さんビギンズ」パートが、より本編での五十嵐さんを魅力的なキャラクターにしてくれるとともに、五十嵐さんのいない世界で生きるわれわれにも課題を突きつけてくるのです。

新たなるジャンル

昨年読んだ本の中に「The DevOps 逆転だ!」があります。デスマーチプロジェクトを立て直していくという、開発手法の適用例を小説の形で紹介する、「新ジャンル : IT小説」とでもいうべき珍しい本でした。

小説としておもしろく、そしてエンジニアの生存戦略について考えさせてくれる本書は、IT小説という新ジャンルを日本(しかもエンジニアライフ)から開拓していくという意味で記念碑的な作品でもあります。

豊富に散りばめられたSFネタにニヤッとしつつ、エンタメとして楽しみながら、エンジニアとしての人生に思いを馳せる。「レッドビーシュリンプの憂鬱」を読んでいる時間は、そんな充実した時間になることでしょう。

Posted in at 1月 5th, 2017. No Comments.

2016年ふりかえり

ここ数年続いている大晦日のふりかえり。今年もやってみることにします。

2016年ふりかえり

Read More…

Posted in 雑文 at 12月 31st, 2016. No Comments.

健康は命より大事

これは健康 Advent Calendar 2016 12/25の記事です。


わりと無理矢理書いた健康 Advent Calendar 2016も最終日。今年は健康について考えさせられる出来事が多かったので、ネタを振り絞って書いてみた。

  • 酒は控えるに限る
  • 運動しよう
  • 早めに医者に行こう

という3点が今年の大きな学びだったので、来年はこれを教訓にして、医療費控えめの1年にしたいと思う。

我ながら運がよかったと思うのは、仕事的にしんどいときは健康で、休むはずの時期に入院したということ。仕事には予定通りの穴を開けるだけですんだし、退院後健康に気を使った結果11月からのポジションチェンジにも対応できた。「仕事ができない自分」でいる状態に耐えるのはメンタル的にしんどいので、ここにフィジカルな障害が重ならなくてほんとうによかった。

物理肉体を放り出して仮想空間で生きられるようになるまでは、いまのハードウェアを大事に使うしかない。来年も健康第一で頑張りたい。

Posted in 健康 at 12月 25th, 2016. No Comments.

確実にやせる方法を見つけた話

これは健康 Advent Calendar 2016 12/24の記事です。


さてここで、今年のWithingsのデータを見てみよう。

微増傾向からのジェットコースター。株価でなくてよかった、という感じのグラフだ。

ざっくりダイジェストすると…

  • 1月 : 胃が痛くて酒を控えた
  • 2〜7月 : 忙しくて飲んでいた
  • 8月 : 怪我をしたので断酒した
  • 9月 : 10日ほど入院した
  • 10〜11月 : ジムに通った
  • 12月 : 忘年会ラッシュ

月平均体重とその月の飲んだ率もグラフにしてみた。

前月の飲んだ率が体重に影響しているような気がする(2015年12月は飲んだ率100%)。ということは来月は…

ということでタイトルの「確実にやせる方法」とは

  • 酒を飲まないと痩せる
  • 入院すると痩せる

の2点でした。詐欺みたいな話だが本当で、入院中は三食昼寝付き(というかそれしかすることがない)状態なのにぐいぐい体重が減っていった。

ジムでの計測によると69kg台が適正とのことなので、まだ4kgほど落とす余地があるらしい。引き続きがんばりたい。

Posted in 健康 at 12月 25th, 2016. No Comments.

2016年酒日記

これは健康 Advent Calendar 2016 12/23の記事です。


去年から酒日記をつけている。日記といっても、飲んだ日は❌ / 飲まなかった日は⭕️で記録するという簡単な記録を、iPhoneのアプリを使ってつけていた。

今年も残すところ1週間。ふりかえりの意味で各月をならべてみた。

それがこちら。

飲む飲まないが極端だ…。

1月は3が日から胃が痛く、よっしゃいい機会だから酒を減らすか…と頑張ったが2月から元に戻り、3〜7月は仕事のストレスを酒にぶつけるというよろしくない飲み方をしていた。そうしたら7月の健康診断でF判定をもらい、8月には怪我をし、それ以降控えめにしている。

しかし12月は忘年会ラッシュでひどいことになっている。マルがついてる3日も忘年会に参加しており、「諸事情により今日はノンアルで」と断りを入れていたぐらい。当然体重もあかんことになっており…。

1月と8〜11月の実績があるし、やればできるはずだ。来年は節制したい。

Posted in 健康 at 12月 24th, 2016. No Comments.

忘年会続きでリバウンドした話

これは健康 Advent Calendar 2016 12/23の記事です。


さすが師走、冒頭から忘年会が続き、今日がやっと今月3回目の休肝日。おそるおそる体重計に乗ってみると、直近の移動平均に+1.5kgという数値。まずい、これはまずいぞ。

入院前の1か月断酒は1kg/weekの減量効果があったし、3週間飲み続けたらはっきり体重が増えた。酒のコントロールをもう一度意識して飲み食いするようにせねば。

Posted in 健康 at 12月 23rd, 2016. No Comments.

お酒を飲むとお腹を壊す話

これは健康 Advent Calendar 2016 12/21の記事です。


飲酒を控えたり入院したりして気づいたのだが、トイレ事情がよくなった。

以前はトイレの頻度が高く出力も安定していなかったので、外出中にピンチを迎える局面が多かった。しかし、入院してからあとはすっかり安定し、以前の基準だと「便秘では?」と思うほど。

ところが忘年会シーズンに突入したら、トイレ事情が元に戻ってしまった。つまり、アルコールがお腹を壊しているということだ…。

明日で予定されていた忘年会は終了なので、お腹の調子を整えるためにも酒を控えよう。

Posted in 健康 at 12月 21st, 2016. No Comments.

マットレスと耳栓の話

これは健康 Advent Calendar 2016 12/20の記事です。


睡眠は健康の基本、かつ横になるのは腰に悪い。そこで眠るための装備が重要になってくる。

枕については12/9に書いたので、今回はマットレスの話。

結婚してすぐに大塚家具(内紛で騒がれたのとは別の会社)の「エアループ」というマットレスを使っている。ノンコイルなのでぼよんぼよんせず、しっかり硬めの寝心地がとても気に入っている。まだへたった感じはしないので、耐久性も悪くない。

サブというか非常用に、フランスベッドの折りたたみマットレスも持っている。こっちはスプリングを使っているのでバネの感じがあるが、サイズや厚みの割に寝心地がよく重宝している。

寝るときに使う耳栓も必要に迫られて探した。人間耳のサイズというのはまちまちで、左右でも結構違ったりする。結果、シリコンの耳栓を自分の耳の形に馴染ませて使うのが一番、という結論に達した。


睡眠大事なので、もっと質を追求していきたい。

Posted in 健康 at 12月 20th, 2016. No Comments.

靴に悩んでいる話

これは健康 Advent Calendar 2016 12/19の記事です。


足の幅が広いので、細身のかっこいい靴が履けないのが悩みだ。見た目だけならともかく、歩きやすい靴の選択肢がとても少なくて困っている。NIKEの靴なんかほとんど履けたためしがない。

ミズノ

商品ページで「4E相当」という絞り込みができる。ジョギングシューズの「ウェーブライダー」シリーズにスーパーワイドがあるので、気に入った色のものが出たら買うようにしている。ジョギングするわけじゃないのに。

アシックス

幅で絞り込みはできないが、「スーパーワイド」を検索ワードに含めることで幅広のものが出てくる。「GT-2000」というジョギングシューズで、ミズノ同様気に入った色が出てくると買ったりしている。

ニューバランス

オフィシャルストアに行くと足のサイズ・幅・高さを計測してくれ、フィットするものを推薦してくれる。近くにあったらぜひ一度行ってみよう。

結果、定番のウォーキングシューズが安定して履けるということが判明したので、今年はこればっかり履いていた。

Posted in 健康 at 12月 19th, 2016. No Comments.

野菜を食べる話

これは健康 Advent Calendar 2016 12/16の記事です。


低温調理で肉を煮て野菜に添えるとそれなりにヘルシーで満足感のある弁当ができる。肉については別記事を書く予定なので、野菜について簡単に。

  • キャベツの千切りは神
    • ご飯の代わりにもりもり食べる。カレーをかけるとよい。
    • セブンイレブンでも買える。クレイジーソルトを用意しておけばドレッシングいらず。
  • ブロッコリーは天使
    • 緑黄色野菜。ダイエットにもいいらしい。
    • オススメは弱火のフライパンで蒸し焼き。茎もおいしく食べられる。
    • コストコの冷凍ブロッコリーを買っておくと便利。
  • 野菜食べ放題の店をおさえておく

野菜食べ放題の店、もっとレパートリー増やしたいところ。

Posted in 健康 at 12月 16th, 2016. No Comments.