固い肉を柔らかくしたのはあのキノコだった

噛み切れないかたい肉が『安いキノコ』でふわっふわに大変身!」という記事を見かけたので、早速試してみました。

材料

特売オージービーフ

特売オージービーフ

オージービーフ、158JPY/100g。時々夕食に焼いて食べる、おなじみの肉です。見た通りの固さにあごが鍛えられます。


雪国まいたけ

雪国まいたけ

毎度おなじみ雪国まいたけ、108JPY。内容量は95gらしい。

漬け込み

漬け込み

漬け込み

まいたけをざくざくっと粗みじんに刻み、肉と一緒にポリ袋へ。かぶるくらいに水を入れ、しばらく漬け込みます。

漬けあがり

漬けあがり

45分ぐらいで取り出したらこんな感じ。ポリ袋ごしに触っても、明らかに柔らかくなってます。

調理

肉からざっと舞茸を取り除き、熱したフライパンで両面を2分ずつ焼きます。焼き色がついたらまな板の上で休ませ、そのスキにソースを作ります。

漬け込んだまいたけはざるに集めて一度水洗いし、水気を切っておきます。肉を焼いたフライパンに放り込んで炒め、柔らかくなったら醤油とみりんを大さじ1ずつ加えて煮詰めます。

完成!

完成!

感想

肉は確実に柔らかくなっていました。味には特別変化なし。いつもの安いステーキがワンランクアップした印象です。

ソースはまだ研究の余地があります。この手の肉は脂が少ないので、牛脂で炒めるとよさそう。みりんを減らして赤ワインを入れると味に深みが出そう。醤油の香ばしさとまいたけの風味は牛肉によく合うので、おいしい作り方を確立して、レシピを投稿したいと思っています。

結論

ネット情報に踊らされてみましたが、いい結果が出てよかったよかった。次は豚でも試してみようと思います。

そうそう

「レシピを投稿」で思い出したんだけど、2月からクックパッド株式会社に転職していました。「毎日の料理を楽しくする」をテーマに仕事をしていたら、前よりもっと料理が楽しくなりました。「心からの笑顔を増やす」ために、これからも楽しく仕事をしたいと思っています。

応援とお祝いをくださる方はこちらへ、毎日の料理を楽しくする仕事に興味がある方はこちらへお進みください。

Posted in ハンバーグ / ステーキ, 料理, 日記 by Kwappa at 3月 27th, 2013.

Comments are closed.