クックパッド株式会社に転職していました

転職エントリから6か月。特に明記していなかったけどモロバレな転職先はクックパッド株式会社でした。どうやら無事に試用期間が満了したので、ここまでを軽く振り返ってみたいと思います。

2011年11月

転職の最初のプロセスとしてオフィスを見学したのが、昨年の11月8日。この日ごちそうになったランチは、クックパッドが誇る人事兼シェフのさんぺーさんが作ってくれた「鶏ときのこのスパゲティ」でした。思えばこの時から、胃袋を掌握されていたのかもしれません。

鶏ときのこのスパゲティ

2013年2月

歓迎ランチ

入社当日のランチは、チームメイトが総出でピザとスパゲティとコロッケを作ってくれました。

手作りピザ

アサリのスパゲティ

スパゲティとコロッケ

有名な髪の赤い人がコロッケを揚げるという貴重なシーンを目撃する、というおまけもついた、楽しいランチでした。

鍋パーティ

入社して驚いたのは、会社主催のイベントが結構な頻度で開催されること。最初に遭遇したのは、ラウンジにこたつを敷き詰めての鍋パーティ。こたつに潜り込んでビールを飲み、6種類の鍋を渡り歩くという贅沢な体験でした。

キムチ鍋

2013年3月

Rails Girls Tokyo 2nd

クックパッドは開発コミュニティを積極的に支援しています。そのひとつとして3/1〜3/2に開催されたのが「Rails Girls Tokyo 2nd」。本職のシェフが腕をふるい、Rails Girlsたちをもてなしたのでした。

カルパッチョ、ちらし寿司、菜の花と蛤のグラタンなど

私も中の人として雑用を手伝い、そのついでにご相伴にあずかったのでした。ああうまかった。

モテ献立

これはクックパッドのコンテンツとして作られた「モテ献立」の試食に参加したとき。メニューは「25歳女子がつきあい始めて2週間のカレシに振る舞う手料理」という設定で作られた「煮込みハンバーグ」。

煮込みハンバーグ

煮込みハンバーグは生焼けのリスクを低減できるので、作りなれていない人でも安心。「設定」を活かした(?)ニンジンの形に注目です。

2013年4月

モブ業務

テレビの深夜番組が取材に来たとき、料理担当のモブとして参加する機会がありました。

ポークソテー

そのとき作ったのが「ポークソテー」。テレビ的な出番はほとんどなかったけど、味はとてもよかったので満足です。後日ムスコさんに録画を見せたら、ちゃんと「あー、おとうさんだー!」と反応してくれたし。

新歓パーティ

これは4月に入社した新人の歓迎パーティの様子。社内でもとびきり腕のいい人たちがよってたかって本気でいろいろ作った料理は、今思い出してもお腹がすきます。

タンドリーチキン、スペアリブ、クッキーなど

このときのスペアリブが特にうまかったので、そのあと自宅でも何度か作りました。

2013年5月

フリーランチ

キッチンでランチを作って食べる、というのは日常の光景です。そして、作り過ぎた料理は「FREE」の表示をつけて置いておくのも日常の光景。ランチを食べそびれたときにキッチンをうろうろすると、そういう「フリーランチ」に巡り会うことも少なくありません。

トマトソースのスパゲティ

スパゲティは人気メニューなので、よく遭遇します。このときはトマト。

グリーンカレー

ちょっと珍しかったのはグリーンカレー。ココナツミルクの効いた本格的なカレーでした。

バースデイパーティ

キッチンがあるので、もちろんケーキを作ることもできます。そして、手作りのケーキやデザートでチームメンバーの誕生日を祝う、なんてことも日常的に行われています。

抹茶のケーキ

これはそんなバースデイパーティのひとコマ。祝われたのは、私のチームのリーダーです。なぜこの色でこの柄なのか…それは、秘密です。

2013年6月

カレー

わいわい作ってわいわい食べられ、失敗知らずでおいしいメニュー、それがカレーです。作り手によって個性が出るのも面白くて、ランチメニューとしても人気があります。

スペランカレー、焼きなす

これはそんなカレーのうちのひとつ。私のチームがコードネーム「スペランカーズ」という特殊ミッションに携わっていたとき、みんなで作ったカレーです。ひき肉とオクラを使ったスパイシーなカレーは、洞窟探検で疲れたチームに活力を取り戻してくれました。

さんぺーカレー

こっちはたびたび登場する、人事兼シェフのさんぺーさん作。ひき肉と刻んだ野菜がたっぷりのルーにメインの具(このときはポーク)が入る、という贅沢なカレー。数あるさんぺーメシの中でも人気が高いメニューです。

これは「第4回 開発コンテスト24」の審査員をしたときに作ってもらったもの。めちゃめちゃ面白い応募作品を審査しながらさんぺーカレーを食べるのはとてもおいしい経験でした。

そうめんフェス

会社主催のイベント以外にも、みんなで集まってご飯を食べるのはよくあることです。これはそうした突発イベントのひとつ、「そうめんフェス」の様子。

そうめん、冷しゃぶ

20人前後が集まり、ものすごい量のそうめん(もちろん揖保の糸)と冷しゃぶが作られ、食べられていきます。

このフェスは全3回構成。来週行われる最終回を楽しみにしています。

2013年7月

さんぺーメシ

またしても登場のさんぺーさん。会社見学にきてくれたゲストにも、タイミングが合えばランチを振る舞ってくれます。ゲストをアテンドすることで、私たち中の人もさんぺーメシにありつけるというメリットがあります。

数あるさんぺーメシの中から、私がアテンドした最近の2点をご紹介します。

タンドリーチキンサラダ、チリコンカンスープ

まずはカフェメシっぽい雰囲気の「タンドリーチキン入りサラダ」と「チリコンカンスープ」。オシャレっぽいんだけど、しっかり煮込まれたチリコンカンとスパイシーなチキンでボリュームもあるメニューでした。

チャーハン、肉野菜あんかけ、空芯菜炒め

こっちは「チャーハン」「肉野菜あんかけ」「空芯菜炒め」。容易に想像つくと思うけど、あんかけをチャーハンにオンするとうまさが倍増しちゃうタイプのメニューです。もちろん遠慮なくぶっかけていただきました。

開発コンテスト24 授賞式

さきほど紹介した「第4回 開発コンテスト24」の授賞式が受賞者のみなさんを招いて行われました。

豚バラ肉のソテー、バゲットサンド、バーニャカウダなど

このときのランチは、いつもイベントのときにお願いしているシェフの手によるもの。さすがプロ、おいしいし、メニューが多彩だし、見た目も考えられています。

想定より多くの食べ盛り男子が集まってしまったので、急遽私も助け舟。トマトソースのスパゲティを作ってみました。

トマトソースのスパゲティ

ありあわせの材料でもなかなか悪くないデキで、順調に大皿がカラになるのを見るのはうれしいものでした。

ということで

入社してから半年を、料理写真で振り返ってみました。うん、悪くない。充実したメシライフだ。

毎日の料理を通じて笑顔を、そして幸せを増やすのが我々のミッションです。世界に幸せを増やすには、まず自分から。こうして振り返ってみると、胃袋的な幸せに囲まれて仕事をしているんだなーと改めてうれしくなりました。

これからも「幸せを増やす仕事」にしっかりと取り組んでいきたい所存ですので、どうぞよろしくお願いいたします。

なお、私個人へのお祝いの気持ちはこちらへ、「幸せを増やす仕事」に興味を持たれたらこちらへどうぞ。

Posted in ごはん, 日記, 雑文 by Kwappa at 8月 1st, 2013.

Comments are closed.