災害や悪天候で交通機関に影響が出た日、人材エージェントに効かせてほしい機転

それは、採用面接をリスケすること。

面接官だってその会社の従業員です。通勤に影響が出ているかもしれません。その面接がなければリモートワークにしようかな、などと考えているかもしれません。こんな日に無理して面接にくるような人は無理して出社するような人だろうと選考に悪影響が出るかもしれません。

候補者は迷うわけです。この程度で面接に来ないような人だと思われたくない。こんな日に面接に来ちゃうような人だと思われたくない。せっかく書類審査を通過したのですから、そんな悩まなくていいことで悩まず、万全の状態で面接に臨みたいでしょう。

企業と直接やりとりをしている候補者なら、人事担当に相談してみることも可能です。しかし、そうでない場合こそ、人材エージェントのみなさんが真価を発揮するのです。企業と候補者の双方に、率先して面接のリスケを提案してみてはどうでしょう。選考がスムーズに気分よく進むのは、企業にとっても候補者にとっても、そして人材エージェントにとってもいいことのはずです。

人材エージェントのみなさん、災害や悪天候で交通機関に影響が出た日は、採用面接のリスケを検討してみてはいかがでしょうか。

Posted in 雑文 by Kwappa at 11月 25th, 2016.

Comments are closed.