お酒を飲むとお腹を壊す話

これは健康 Advent Calendar 2016 12/21の記事です。


飲酒を控えたり入院したりして気づいたのだが、トイレ事情がよくなった。

以前はトイレの頻度が高く出力も安定していなかったので、外出中にピンチを迎える局面が多かった。しかし、入院してからあとはすっかり安定し、以前の基準だと「便秘では?」と思うほど。

ところが忘年会シーズンに突入したら、トイレ事情が元に戻ってしまった。つまり、アルコールがお腹を壊しているということだ…。

明日で予定されていた忘年会は終了なので、お腹の調子を整えるためにも酒を控えよう。

Posted in 健康 at 12月 21st, 2016. お酒を飲むとお腹を壊す話 はコメントを受け付けていません。.

マットレスと耳栓の話

これは健康 Advent Calendar 2016 12/20の記事です。


睡眠は健康の基本、かつ横になるのは腰に悪い。そこで眠るための装備が重要になってくる。

枕については12/9に書いたので、今回はマットレスの話。

結婚してすぐに大塚家具(内紛で騒がれたのとは別の会社)の「エアループ」というマットレスを使っている。ノンコイルなのでぼよんぼよんせず、しっかり硬めの寝心地がとても気に入っている。まだへたった感じはしないので、耐久性も悪くない。

サブというか非常用に、フランスベッドの折りたたみマットレスも持っている。こっちはスプリングを使っているのでバネの感じがあるが、サイズや厚みの割に寝心地がよく重宝している。

寝るときに使う耳栓も必要に迫られて探した。人間耳のサイズというのはまちまちで、左右でも結構違ったりする。結果、シリコンの耳栓を自分の耳の形に馴染ませて使うのが一番、という結論に達した。


睡眠大事なので、もっと質を追求していきたい。

Posted in 健康 at 12月 20th, 2016. マットレスと耳栓の話 はコメントを受け付けていません。.

靴に悩んでいる話

これは健康 Advent Calendar 2016 12/19の記事です。


足の幅が広いので、細身のかっこいい靴が履けないのが悩みだ。見た目だけならともかく、歩きやすい靴の選択肢がとても少なくて困っている。NIKEの靴なんかほとんど履けたためしがない。

ミズノ

商品ページで「4E相当」という絞り込みができる。ジョギングシューズの「ウェーブライダー」シリーズにスーパーワイドがあるので、気に入った色のものが出たら買うようにしている。ジョギングするわけじゃないのに。

アシックス

幅で絞り込みはできないが、「スーパーワイド」を検索ワードに含めることで幅広のものが出てくる。「GT-2000」というジョギングシューズで、ミズノ同様気に入った色が出てくると買ったりしている。

ニューバランス

オフィシャルストアに行くと足のサイズ・幅・高さを計測してくれ、フィットするものを推薦してくれる。近くにあったらぜひ一度行ってみよう。

結果、定番のウォーキングシューズが安定して履けるということが判明したので、今年はこればっかり履いていた。

Posted in 健康 at 12月 19th, 2016. 靴に悩んでいる話 はコメントを受け付けていません。.

野菜を食べる話

これは健康 Advent Calendar 2016 12/16の記事です。


低温調理で肉を煮て野菜に添えるとそれなりにヘルシーで満足感のある弁当ができる。肉については別記事を書く予定なので、野菜について簡単に。

  • キャベツの千切りは神
    • ご飯の代わりにもりもり食べる。カレーをかけるとよい。
    • セブンイレブンでも買える。クレイジーソルトを用意しておけばドレッシングいらず。
  • ブロッコリーは天使
    • 緑黄色野菜。ダイエットにもいいらしい。
    • オススメは弱火のフライパンで蒸し焼き。茎もおいしく食べられる。
    • コストコの冷凍ブロッコリーを買っておくと便利。
  • 野菜食べ放題の店をおさえておく

野菜食べ放題の店、もっとレパートリー増やしたいところ。

Posted in 健康 at 12月 16th, 2016. 野菜を食べる話 はコメントを受け付けていません。.

歯医者に行った話

これは健康 Advent Calendar 2016 12/15の記事です。


12/13の記事 歯の健康を守ろう – kmizuの日記 でもあったけど、歯のメンテは非常に大事。歯が理由で食事に制限がかかると、それだけ健康に寄与できるポイントが減るは自明。歯が痛いと集中力が落ちて仕事のパフォーマンスが落ちるので気分も落ち込むとか、歯周病は他の病気の原因にもなるとか、いろんなリスクがある。

日々のケアももちろん大事だけど、定期的にプロに見てもらう習慣をつけるのも大事。大人の虫歯は子供の頃に比べて痛くないという話もあるので、痛くなってから行くのでは手遅れになるリスクがある。

ということで、特に痛んだりしみたりするわけじゃないけど、およそ2年ぶりに行ってみた。幸い虫歯や歯周病はないとのこと。気になっていた着色汚れも歯石と一緒に落としてもらったし、とても気分がよい。保険適用なのもありがたい。

「半年に一度ぐらい来てもらうと安心ですね」と言われたので、次回はスケジュール組んで行くことにしよう。

歯医者に子供の頃のイヤな思い出がある人、あえて勇気出して行ってみよう。イメージ変わるかも。

以下、日々のケアにおすすめグッズ。

発泡剤・研磨剤無配合の歯磨き粉。泡が立つと磨いた気になっちゃうし、研磨剤が入ってると特に電動歯ブラシでは表面を傷つけるおそれがある、ということでこれを使っている。


モノはなんでもいいんだけど、電動歯ブラシはあった方がいい。朝晩2分ずつ磨くだけでぜんぜん違う(ような気がする)。


芸能人じゃなくても歯は命。早く行けば軽く済むのは他の病気以上なので、特に不具合がなくても行ってみよう。

Posted in 健康 at 12月 15th, 2016. 歯医者に行った話 はコメントを受け付けていません。.

血液検査の結果がほぼ完璧になった話

これは健康 Advent Calendar 2016 12/14の記事です。


8月に酒で怪我をしたのだけれど、その前に7月の健康診断で中性脂肪の値がFランク(即時治療が必要)の判定を受けていたのだった。そういえば去年も同じく引っかかっていたのを放置していたのを思い出して検査結果をよく見たところ、コレステロール値はほぼ正常で中性脂肪が多い。このパターンはどこをどうググっても「飲み過ぎ」一択だったので、さすがに酒を減らすか…と思ったところで怪我をした。

さすがにこれだけ重なると酒を控えるしかあるまいと覚悟を決め、怪我をして以降8月の3週間ほどまったく飲まず、9月に再検査を受けたところ、中性脂肪はすこーんと下がって正常値に戻っていた。しかしこの検査を受けた日にはすでに入院の原因になった病気にかかっていたらしく、白血球数とCRP(炎症反応の度合いを示すらしい)が跳ね上がっている。

退院後に受けた診察では、「飲むのは週に5日、1日アルコール量40gまで」と言われたので、10月以降もおおむね守って生活してきた。まあ、「週トータル200gまではok」などとアレンジはしたわけだけど。

そして昨日、12月に受けた再検査の結果として「ほぼ完璧ですね」と言われたので自慢したくてこの表を作った。肝臓の数値も改善しているので褒められたのだが、同時に「今まで相当飲んでたね?数値下がったからって油断大敵ですよ」とも言われてしまったので気をつけなければ。

総コレステロールが増えているのは、HDLコレステロール(いわゆる善玉コレステロール。運動すると増えるらしいからジム通いが効いているっぽい)が増えてるのに関係してるからさほど気にすることはないが、暴飲暴食すると上がるから気をつけてね、とのこと。

忘年会シーズンに入り肝臓の出番が増えているので、油断せず節制していきたい所存。また入院するのはイヤだからな…。

次回検査は忘年会・新年会シーズンが終わった2月上旬を予定している。維持するぞー。

以下、最近飲んでいるもの紹介。

これは肝臓の働きをよくしてくれるらしくて、毎日飲むようにしたら二日酔いの度合いが軽くなった。だからといって飲み過ぎちゃいかんのだけれど、体調はよくなってる気がするので続けている。


オールフリーにライムテイストが加わったもので、ノンアルデーに飲むにはなかなか具合がいい。先日出たAmazon Dash Buttonでもポチれるようにしておいた。


ビールを飲むのも貴重なアルコールリソースを消費するので、どうせならうまいものを飲みたいところ。最近はこのめっちゃ苦い「インドの青鬼」がお気に入り。


うまい酒を飲むには健康を維持しなければならない。がんばります。

Posted in 健康 at 12月 14th, 2016. 血液検査の結果がほぼ完璧になった話 はコメントを受け付けていません。.

喘息の治療をしている話

これは健康Advent Calendar 2016 12/12の記事です。


小児喘息があって、小学校低学年の頃は苦労していた。5年生の時に区が運営する養護学校(千葉県館山市)に1年間通ったらすっかりよくなり、その後喘息があったことすら忘れていた。

ヘビースモーカーだったころも特に再発することはなかったのだが、ある冬いきなり発作を起こし、喘息持ちだったという事実を思い出した。

近所の内科医を受診してもいっこうによくならないので専門医を探し、定期的な診察と投薬を受けた結果、ここ数年は発作から遠ざかっている。

専門医のいいところは、定期的に肺活量の検査があるので状態の変化を把握できること、ついでに風邪程度なら診てもらえること、インフルエンザの予防接種もできることなどいろいろあるが、特にありがたいのは医療費の助成制度を紹介してくれたこと。おかげで喘息については医療費がかからず助かっている。

発作が起きないとはいえ肺機能はおじいちゃんレベルの数値らしいので、気長に治療を続ける必要がありそうだ。

Posted in 健康 at 12月 12th, 2016. 喘息の治療をしている話 はコメントを受け付けていません。.

心の健康を守るために逃げ出した話

これは健康 Advent Calendar 2016 12/11の記事です。


忘年会があるので溜池山王に行ったら少し時間が余った。赤坂近辺に合計で3年半ほど勤務していたので懐かしくなって、よく通ったあたりをうろうろしてみた。「火鍋屋」「やすべえ」「會水庵」は健在、席に生ビールサーバーがついてる「すっとこどっこい」は閉店、「赤べこ」はまだあるけど営業してなくて心配…などなど。

写真の「かぷせるイン赤坂」もまだあった。今回は、ここに週3回泊まるような生活をしてたときのお話。

それは、ガラケー向けのSNSを作る会社でPHPエンジニアとして働いていたころ。トップダウンでガンガン無茶が降ってくるし、降ってきたものは不定期にひっくり返るし、でなかなか忙しくしていたのだけど、はじめてのWeb系だったので「こんなもんか」などと勘違いして、夜に日を徹してもりもりと働いていた。

そうしたらある日、なんだか泣けてきた。具体的な理由がないのに、静かに涙が流れ続ける。

さすがにこれはまずいだろう、どうしよう、と困っていた時に出会ったのがこの本。


これを読んだら、どう自己診断しても初期症状が出ているとしか思えない。そこで人事部長に相談してみた。

「この本を読んで(実物を見せた)自己診断した結果やばい状態のようです」

『そうか、ボスに相談してみるからちょっと待ってくれ』

その1週間後、人事部長は会社に来なくなりました。

おかげで「自分の身は自分で守るしかない」というシンプルな真理に気づくことができ、転職活動を始めたのでした。

この件で学んだこと :

  • 自分の身は自分で守るしかない
  • 人間意外と壊れやすい
  • 相談は早めにしよう

これ以降、心の健康はおおむね保たれている。

Posted in 健康 at 12月 11th, 2016. 心の健康を守るために逃げ出した話 はコメントを受け付けていません。.

横向き寝専用の枕を買った話

これは健康 Advent Calendar 2016 12/9の記事です。


酒で怪我をした話で書いたようないきさつで、首に怪我をした。その結果使っていた枕では首が痛み、夜眠るのに支障が出るようになってしまった。

なんとかするべくいろいろ調べた結果、「横向き寝専用枕」というのがあったので買ってみた。

 

それがこの「YOKONE」という枕。そこそこいい値段するのだが背に腹はかえられぬということでポチッとしてみたら、予想以上にいいものだった。

枕の手前が高くなっている形状は一瞬違和感があるけど、一晩使ったら合理的な形だということがわかり、以降手放せなくなった。ちなみに仰向けで使っても問題ない。

すっかり馴染んだので、入院したときも初日に「枕持ってきて!」とヨメさんにリクエストしたぐらい。大荷物で大変だったけど、その価値は十分にあった。

横向きで眠る習性がある人にはオススメできる、いい買い物だった。安い類似品もあるみたいなのでご注意。

Posted in 健康 at 12月 10th, 2016. 1 Comment.

腱鞘炎とキーボードの話

これは健康 Advent Calendar 2016 12/9の記事です。


ゲームプログラマーをしていたころは、WindowsのWZ Editorを使っていた。EmacsもVimも使ったことがなかったので、オレオレキーカスタマイズをし、いろんなマクロを書いていた。

JISキーボードのCtrlキーを左下のまま使いまくっていたら、左手の中指・薬指・小指が腱鞘炎になってしまった。Ctrl + Alt + なにか、というショートカットキーをたくさん定義した結果、左手が変な形になったままの時間が長くなってしまったからだろう。鍵盤楽器を少しやっていた経験があるので、キータッチが強いのもまずかったようだ。

Emacsに乗り換えたりCtrlキーをAの横にリマップしたりと工夫はしたが、いまだに左手の指は動きが悪いし、タイプ量が増えるとだるくなってくる。これはもう完全に治ることはないのだろうか…。

昔は茶軸のメカニカルキーボードをがっしゃんがっしゃんハードタイプしていたが、うるさいし腱鞘炎になるしでいいことはない。指の健康を失うとプログラマーとしてつらいので、以下のことに気をつけている。

  • CtrlキーはAの左
  • タッチが軽いキーボードを使う
  • キータッチは弱いほどいい

ここ数年はHHKBのType-Sを使っている。新しいMacBook Proの薄いキーボードも強制的にタイプが弱くなるので悪くないと思う。

指の健康は意外と重要だ、ということを過去の自分に教えたい。

Posted in 健康 at 12月 9th, 2016. 腱鞘炎とキーボードの話 はコメントを受け付けていません。.